三浦半島ライド

チームでの三浦半島ライド。
基礎練の時期なので負荷をほとんど掛けておらず参加に迷いもあったのだが参加してきた。
イヤな感触があったらすぐに途中離脱するのも全然OKという気持ちで。
これは逃げとかでは無く、将来になって言い訳をしないために納得のいく事をやっておきたいという思いがあるからなんです。


コース
ニュータウン通り〜小倉橋〜相模川〜平塚〜鎌倉〜逗子〜三崎〜横須賀〜新横浜〜溝の口〜矢野口


スタートしてすぐ、ペースが速い。
いや、本当は全然速く無いんだけど、慣れないペダリング縛りにすると速い。
つまり俺的に速い。
先が思いやられる。


相模川沿いでは左右の荷重で思うところがあり実験的にやってみる。
力は出るけど消耗が激しい。慣れればいけるかな?


海岸線のド平坦。
風もほとんど無し。
でも、基礎練ばかりやっているのでスピードが出せない。
ぐちゃぐちゃに踏めばもっとスピードが出せるのはわかっているけど目指しているのはそこじゃないので我慢。


鳶の見える?景色の良い所で一発目の休憩。
鳥なんぞにやられてなるものか。
最大級の警戒レベルで完食。
ざまーみろ。
ん?


三浦半島に入るとヒドい渋滞。。
まぁ天気も良いし魚もうまいですからね。
そしてこのルート、細かいアップダウンがあり地味に脚にくる。


回ってない風車を見物しながら2発目の休憩。
風車と直接関係はないですが、途中パンク離脱した風さんも復活しています。


ちょうど140kmを過ぎたくらい、久里浜あたりでしょうか。
脚がいっぱいとなり、これはまともに走行できなくなると判断し単独走行に切り替える事にした。
もちろんレースでは我慢する事は欠かせないですが、ここは我慢の練習より他の練習でしょう。
切れ癖と言われればそれまで何ですが、切れないことに執着しすぎるあまりに逆に失う物も多いかと思っています。
結果をみてダメだったらまた切り替えますんで、ご心配いただきすんません風さん!


で、ここから一人旅。先が長いぞ。。


環状2号。アップダウンにやられてヘロヘロしていると後ろからC村さんがやってきて合流。
一緒に走るだけで精神的にだいぶ楽になりますよね。
あとは矢野口までご一緒して解散。


出発してから11時間30分だったので、あと30分かかっていたらパイオニアの電源が落ちる所だった〜
ギリセーフ。