読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JCRC第5戦群馬

自転車レース N

JCRC群馬に参戦してきた。


全般的に楽に走れたのだが結果は残せなかった。
FTPは上がっているけど、スピードアップとスピード維持が全く出来ていない。
そんな感じ。


1〜5周回
チョイ逃げが発生するけどすぐ吸収されることが数回。
自分もリフト坂で1回やってみたけどこれは決まらないと思い集団に戻った。
加速して差をつけても巡行でそれを維持できないと意味がない、それを人はじこまんアタックと呼ぶ。
独走できるスピードをつけないといけませんね。


とはいえ改善しているところもあった。
苦手の心臓破りも割と楽に走れて、後方から入ってもヘアピンでは先頭に出てしまうくらいだった。
今までとは逆の走りで、これは練習の成果だと思う。


レースの話に戻ると、
ペースが安定していて人数がなかなか減らないので、踏むポイントを設けて少しづつリストラして人数を減らしていく。


6周回
残りは10名くらい。
想定外にも左脹脛が徐々に攣り始めてしまい、平坦区間で脚を伸ばしてだましだましに走る。
膝下は脱力しているはずなんだけど何だかな〜。


最終周回
ホームストレート後の下りで若干、集団との間隔をとってしまう。
余裕で追いつけると思っていてる、これは悪いクセ。


ヘアピンを過ぎて左カーブ、目の前で他クラスの落車が発生。
一瞬怯んで脚が止まり、集団との差がさらに開く。


さすが最終周でペースが速い。
踏んでも詰められない。ヤバい。


心臓破りの手前の東屋のあたりで、これは終わったかもと弱気になる。
一応最後の粘りで二人交わしてゴール。
あー、またまた入賞できなかった。。

パワフルの弱とマイルドの強の位置づけが気になっています。

やる気まんまんのGzパイセン

パインM上さん、入賞おめでとうございます。