あさたま練

今日は盛況で6名ほどの参加者でスタート。


登りは垂れないように越えて下りでも踏めるように意識する。
これはグロスでのタイムアップを狙う意味合いもあるが、練習時間を少しでも長くするためという意図のほうが大きい。
ただでさえ時間のない朝練、下りの休憩時間はもったいないですね。


とはいえ先行されると悔しいもので、廻田坂のみダンシングで無酸素運動して下りで激垂れという不細工なことをやってみました。
短い登りと下りしか無いこのコース、こんな風にOFF/ONで走っていると練習としてはイマイチだと思われる。
満足感と練習成果は比例しませんからね。