荒川の右岸と左岸

土日ともに基礎練習でいつもの荒川CRへ。

 

いつも走っている右岸は雑草が生い茂って自転車一台分しか通れないところがあり、対向がくると面倒だし脚を止めるの必要があり、練習効果としてもったいない。

 

そういえば左岸も走れるのかも、と日曜日に挑戦してみた。

左岸と言えば、榎本牧場で有名ですね。

全く行く気ないけど。

 

その左岸。

秋ヶ瀬橋〜羽根倉橋までは道も広く快適。

上江橋あたりから道が怪しくなってきて、すごく狭く鬱蒼としたところだったり、住宅街だったりしていて。

ちょっとでも脚を止められると回復できてしまうので、練習には使えませんね。

 

そして最終的に吉見で右岸に出るはめになり、見慣れたルートに合流。

これは、、やはり快適です。

ちょっと狭く危険なので、はやく雑草の撤去してくれると良いのだが。

 

復路はいつもの右岸経由で帰宅。

もう左岸にはいきません。