読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全開走行すると見えてくる弱点

練習 自転車 G

今日もスピード練習。

 

・周回コースを巡行で40km

・2kmを全開x2本

 

の二本立て

 

最初の周回練。

53x15をベースに。

35km/h〜45km/hくらい、風向きや牽く人による。

 

ローテーションで後ろに回った時には53x19くらいまで落として脚を休めるという方法もあるが、これはレースではないので後方に回っても無駄足をガンガン使う。

先頭に出た時はペダルに荷重をしっかりかけて、リズム良く左右切り替えるようにすると脚を使わずにスピードを維持できる。

 

2km全開x2回

ロスタートでダンシングで加速、そのスピードを維持して2kmを4人でローテする。

2本とも4番手、3番手と有利な位置からスタート。

 

1本目

2km 3:00 309w 96rpm 59:41(笑) 弱い向かい風

K氏、Z氏、M氏、俺氏

 

2本目

2km 3:00 285w 90rpm 61:39(爆笑) 弱い向かい風

Z氏、K氏、俺氏、M氏

 

1本目

スタートで遅れないように53x15Tとやや重めギアでスタート。

先週の感触だと、16Tだと軽すぎて加速に遅れる印象があったので。

 

15Tダンシングで加速、そのままシッティングに移行、巡行に入ったところで16Tに落とす。

 

以前より重いギアを回せるようになってきたので、巡行は比較的楽に感じることができた。

軽いギアだと回しきって自爆、というパターンになるから。

 

スタートで先頭を牽いたK氏は途中で脱落。

やはりスタート時の機関車のダメージは大きいのです。

 

程なくしてM氏も脱落し、Z氏と2名になる。

 

もう全開なんで構わずにモガモガしていたら最終地点まで到達、

あとはスプリント!

 

いや、そんな脚は残ってません、2kmも全開走行してきたので。

最後はZ氏に先行されて終了。

E1のZ氏になら負けても。。。という弱い心理も働いてしまった感があるな。

 

2本目

1本目よりきつい!

先頭牽いて下りレーンから後ろに着く際に速度差がありすぎて失敗、ローテあるあるですね。

 

諦めようと思っていたら、他の人もやはり疲れているようでスピードが上がっていない。

踏みなおして合流に成功、3人でゴールまで。

 

 

弱点。

ひどい左右差はデータにも出ているが、映像でもハッキリしていた。

向かい風で45〜50km/h、つまり全開時の映像にその証拠が。

それは肘の角度。

 

左はしっかり曲げられているが、右は伸ばしてバランスをとっている。

○○筋が弱いので、右は腕で支えようとしているんですね。

これでは右ペダルに体重が乗るわけないです。

f:id:okumap:20170227131710p:plain