練習に近道はない

基礎練習で荒川CRへ。

 

課題

体幹の強化(というかそもそも使えるようになるコト)

・回転練習(神経系のトレーニング)

・左右差改善

 

いつもの通り和光からCRに入る。

北風が強く、行きは楽できる反面、帰りのことを考えるとマヂ勘弁して欲しいんだけどなぞ感じながらスタート。

 

ケイデンスは100〜110rpmに収まるように、回転が上がってしまったらギアを一段上げる。

 

他の自転車を抜かす時にはドラフティングしないように、ちょうどTTで前走者に追いついてしまった時のように抜かして行く。

着いたり着かれたりしたくないので。

 

でも

 

ここは荒川。

ムキになってついてくるやつがいる。

 

つーかムキになったらぬかせよと思う。

ムキになってツキイチ、笑

しかもTTバイク。

追い風でTTバイクがロードレーサーにツキイチ。

 

そんな時は左によって前に出させて、こっちも下りレーンで速度維持。

先頭交代で脚を使わせる常套手段ですね、笑

気分を害されたお返しはしないといけません。

 

そんな暇つぶしも交えつつ折り返して帰路へ。

 

拷問としか思えない北風。

風の負荷があるので、ギアを落として回転数をキープして、練習の目的から外れないように。

つらかった〜、というかつまらんかった。

 

思うコト。

雑誌とかSNSとか、速くなれそうな記事を見かけることが多いとおもう。

それも即効性のある特効薬的な。

 

コマーシャル的な事情があるのでしょうがないけど、まー全く、、という内容が多い。

読者側が賢くならなければいけないんだけどね。

 

◯◯プロの〜とか、ビックリするほどペダリングが〜!とか。

信じてしまう気持ちもわからんではない。

でも、本当だったら教えねーだろ他人にとも思うわけです。

 

近道もたどり着けなければ遠回りになる。

結果が出なければなにも言えませんので、ぜひ戯言と聞き流してください。

 

 

f:id:okumap:20161224175618j:image