五年前の自分に惨敗

たまには遠くを走ってドヤ顔してみる企画の第一弾。
草津温泉ライドに行ってきた。


自走でと言いたいところですが、社会人にはそんな余裕もなくブーブーを運転すること200km。
うーん、草津は遠いですな。


コース
草津温泉白根山渋峠


草津といえば五年ほど前まではツール草津に出るのが恒例行事だった。
最初のレースもこのレース。
どんだけ速くなっているのだろう?と確信に近い期待を胸にスタート。


さてとりあえず、ツッチーを千切るか…


アタックして引き剥がす?ように見えなくもない、笑


本日もいつもよろしく踏まないように丁寧な動作を行う。
平均出力はFTPぐらいで推移している。


昨日の疲れもあるし、空気が薄いし力がだんだん入らなくなってきて、
でも五年前とは雲泥の差でしょ、と根拠のない安心感がある。


そして五年前の時計が近づいてくる。
ん?あれ?
まさか〜?


そして五年前の自分の時計に達したとき、無情にもまだまだ続くコース。
機材も身体も進化しているはずなのに。。
もうやめた、とダラダラ走っ白根山山頂。
はい、五分遅れでしたよ。


ケンヂとツッチーと合流し、渋峠峠を目指す。
自分の記憶ではアップダウンだったはずが、万座の三叉路から先は登りっぱなしなんですね!
辛いっす。。


途中の尾根では雲の中を走るところもあって、激寒の気温なんと5℃!
寒いのでおっさん三人、チョコで暖を取ります。


最初は志賀高原まで下ろうと思っていたが、上りなんてまっぴらごめんとばかりに引き返す。
下りでブレーキング、R-SYSより40Cの方がきくかも?


締めは温泉、パンツを忘れるという重大インシデントが発生。。