チーム練(雛鶴)

今日は栂池でレースがあったりいつも後発の人が先発だったりして人数は少なめの5名。
ペースも上がらないので先発に追いつくこともなく練習区間に入る。


大垂水
序盤のペースは速くなかったんだけど、自分的にはオーバーペースなのはいつも通り。
霊園の手前で力つきる。


雛鶴
上野原の信号から須Dさんと一緒に。
一緒に走っているけど、意識としては争いではなく、課題をこなしながら走るように。


途中でノッポくんを吸収したので一緒に走ろうと思ったけど黄金の垂れだったので先に行かせてもらう。
激坂区間でC村さんを吸収、こちらは…簡単には先に行かせてもらえませんでした。
しばらく三人で。


お二人の状態を見るとここで上げれば千切れそう?
広い直線路で垂れない程度に少しペースをあげてみる。
ここでC村さんと二人になる。
以降、饅頭屋まで、今日で一番つらかった。


復路はいつも通りに出がらしです〜


今日気づいたこと
ハンドル高さの重要性。
上半身の連動、脚への負担も異なってくる。
ブラケット位置を下げればさらに良さそうなんだけど
やはり丸ハンか?
時代に逆行してますけどね。