石川ロードで失った大切な物

自身初の実業団レース、石川ロードに参加してきた。
目標、まずは安全に走る事。


6:00、魔カッチとツッチーと三鷹にて合流して出発。


途中、晴れたり曇ったりしているけど雨は大丈夫そう?
雨は萎えるので晴れて欲しい。魔カッチは雨だと燃えるとか言っているけど。。


餃子の町宇都宮で朝食を摂る。もちろんカレーライス。


石川町に到着。
駐車場や規制解除の場所がわからずウロウロしながら駐車場に到着。
この時点でスタートまであと2Hほど。
あまり時間がない。
そして試走もできず。


受付と着替えを済ませてその辺りを適当に走ってウォーミングアップ。
R-SYSを履いて来たのだけれど、やはり良い。登りを淡々とこなせる。
スペシャのタイヤとR-SYSの組み合わせは自分的には最強。


あ、魔カッチは調子が悪いとか言ってウォーミングアップから千切れている。。


出走サインを済ませてスタート地点へ。
並び位置は真ん中くらい。


スタート。
密集していると聞いてはいたが、思ったほどではなく動けるスペースはある。


最初の登り。
集団後方をキープ。その後の下りでなぜかスピードが緩むので位置を上げる事ができた。
今思えばもっと上げておくべきであった。まだ踏める余力があったが勝手が分からなかった。


二つ目の登り。
ここで集団が縦に伸び、中切れグループに残ってしまいゲームオーバー。
今の実力では着いて行く事ができない。残念ながらこれが現実であった。


途中で大落車が発生しており、道路の両端に選手が何人も倒れている。
平坦のこんなに広いところで何で落車?
(あとから聞いたところこれは先を走るE2の落車とのこと)


その他、数人前を走るひとがコーナーで単独落車したり。
転ける理由がわからない、怖すぎ。


残り区間はしばらく単独になってしまったが、なるしま、YOUCAN、Yの選手と回していく。
シブシブも降って来た。


そして事件は起こった。
ちょっとした段差でGarmin Edge 500 が吹っ飛んで草原に吸い込まれて行く。
BAR FLYで取り付けているので、ハンドルバーを支点にハイパーオリンピックの定規(古い?)みたいに
振れるので結構な振動だったのだろう。
レース中に拾いに行く気はないけど、失った数万円は痛い。。


そして2周回したところでゴール地点に入るようにサインが出ている。
どうやらタイム差の足切りになったようだ。


レースが終わりぐったりしていると会場アナウンスで魔カッチが2名で逃げていると?
調子が悪いんじゃねーのかよww
急いでコースに観戦に行く。


そして結果は、、
6着のナルP以外は完走できず。
石川、完走が難しいとは聞いていたけど前評判とおり厳しいですね!
でも初めての公道レース、本当に楽しかった。
コースプロファイルとしては激坂が無くダラダラ登りが多いので、
苦手なコースでは無いです(足切りにあって言うのもなんですが・・・)


参加されたみなさんお疲れさまでした。
また、遠くまでヤジを飛ばしに来てくれた応援に来てくれたKenzi氏、ありがとうございます。


帰りにコースを車で一周してGarminを捜索するも見つからず石川町をあとにした。





    • -

フレーム:Tarmac SL4 2014 / 54
ホイール:R-SYS
タイヤ:Specialized Turbo 24C
サドル:SMP Composit
ステム:Deda Zero100 110mm
ハンドル:Deda Zero100 440mm(外-外)