走り納めの箱根で膝死亡

今日は年末恒例の箱根ロングライド。
膝の痛みは無いので(違和感はあるんだけど)大丈夫かな?と楽観的に。
一応ロキソニンを持参して。


往路は今までに無く遅いペース。
去年までであれば箱根旧道に入る前に脚がイッパイになっていたんだけど、
余力たっぷりな感じ。


しかし。
一国に出た辺りで膝が痛み始めていた。
踏まないで軽い負荷で回せば痛みは軽減されるので軽い負荷でクルクルと走る。


箱根旧道も膝に痛みが発生しない速度でポタリング
そして下り。これがキツかった。
冷たい空気で膝が冷えるものだからもう激痛で思わず声がでてしまった。
死点で脚を伸ばした時がもう耐えられない痛み。


三枚橋で皆に合流できたのだが、冷えた膝は痛みが治まらないので
下りなのに集団に着いて行けない。もう1人で帰ろうと、単独走に切り替える。


平坦を走っていたら膝が温まってきて痛みが無くなってきた。
前を追い、そして小田原で集団に合流成功。


第二休憩所。
ここから平坦で帰ることも選択肢にあるのだが、筋肉的には余裕があるので何となく
土山峠コースを選択。
「家に自走で帰ること」を目的に走る。


峠を越え、第三休憩所に着くと皆が出発する準備をしていた。
膝が限界なので1人コンビにに残りしばし休憩し再出発。


平坦を走っているとこれまた膝が元気になってきたので少し頑張って前を追う。
HB野さん他数名の方々に追いつき、野猿街道経由で帰宅。


もう禁自転車にしてまじめに膝を治すぞ。