読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JCRC第8戦群馬

自転車 自転車レース

今日は今年の最終レース、JCRC群馬。
昇格してシーズンを終えたいところ。


前日は準備を早めに済ませ、22:00に就寝。3:00までたっぷりと寝ることができた。
最近は朝練で寝る時間が無いので、5時間も寝ればたっぷり寝た気になれるのです。


4:00に出発。
天気予報の通りだが、雨。
結局現地に到着しても雨は止まず。気温は11℃。


アップは3本ローラーで。
あまり時間がなく軽く回す程度で、アップになっていたかというと怪しい。
寒さ対策としてスポーツバルムの黄色を脚に塗る。
ニーパンツと薄手長袖ジャージで。グローブはデフィートの高級軍手。


トイレに行って、集合場所を見てみると誰もいない。
あれ?もうスタートラインに並んでいるようだ。
急いでスタートラインに向かう。スタート15秒まえだった・・・あぶない。


一周目。
最後尾からのスタートだったので、隙を見て前にあがる。
A山さんが先頭にいるのが見える。


バックストレートでようやくA山さんに追いつく。
数名先行しているようなので、A山さんにテレパシーを送る。
「追いましょう」
心霊ライドが趣味のA山さんなら感じ取ってくれるはずだ。


コンタドールA山さんと。


二周目
下り区間に入り、振り返るとA山さんは居なくなっていた。
後から聞くと、集団に戻る方を選択したようだ。
自分は、雨で集団だとペースも上がらないので小集団が有利だと考えていました。
※@yo1wdrさんは体調不良のため2周で降りたらしい。


三周目〜六周目
1人逃げては吸収、また1人逃げては吸収、の繰り返しが続く。
人数的に逃げ集団に残れれば入賞は確定なので、「回して行きましょう」と声をかける。
一応ローテーションする感じで進む。


七周目
後続の集団に1′30″の差をつけて居る事を知る。
油断は禁物だが、追いつかれる事はまずないだろう。
ここで自分を含めて5人。


さて、ここで逃げ集団の中でどうやって順位を上げるかを考え始める。
ヘアピンカーブ後の登り〜リフト坂は緩い登りで得意な所。
逆に心臓破りの斜度になると不利になる。
心臓破りまでにバラけさせないと勝ち目は無いだろう。


リフト坂で動きがあった。2人が抜け出す。
オーバーペースで垂れそうだったので、ここは追わず。
2人のうち1人は落ちてきて吸収。


最終周。
逃げている1人とは30秒差がついてしまっているらしい。
決まってしまった感じか・・・


残り4人。


ヘアピン手前の下り区間で1人脱落。


残り3人。
心臓破りでは負けそうな気がしたので、ヘアピンを過ぎたところからペースアップ。
着いてこられて垂れるのもまずいのでアタック未満ぐらいの強度で様子を見る。
振り返ると離す事に成功していた。


最後の心臓破り。
追いついてくんなよ〜と思いつつペダルを踏む。
振り返ると2人が接近中・・・


そのうち1人はペースが上がらず追いついて来れなかったが、
大学生が追いついてきた。


そして、
2着争いのスプリント勝負。



・・・勝てました。2位入賞。
次回よりDクラスです。


今年は朝練がエスカレートして?今までに無く練習したと思います。
その成果が出たのでしょう。めでたしめでたし。


表彰を終え、家族とまんてん星の湯で入浴と食事。
ここでキャップのZクラス優勝の報告が入る。おめでとう!
Do君とツッチーも入賞オメ!


写真提供:T川さん
ありがとうございました。

    • -

フレーム:SuperSix Hi-Mod 2010 / 54
ホイール:CosmicCarbone SLR
タイヤ:EXTENZA RR1 HG 23C
サドル:SMP Composit
ステム:Deda Zero100 120mm
ハンドル:Deda Zero100 440mm(外-外)