ペース練

今日はペース練、一定の負荷で走る練習。
後発で切れてしまうと練習の機会を失うので先発で。


スタートは10名程度、徐々に減っていき成木5丁目の信号では5名くらいになった。
小沢峠麓では3名となり峠をクリア。


下って練習再開。最初は4名だったが、「もう脚がない」といっていた白ジャージの方が離脱。
そしてH野さんとA山さんと3名になった。


3人でローテをするが、熱い漢A山さんが先頭にでるとペースが上がる。
「自爆しちゃいますよ〜」と言いかけたが余計なお世話なのでやめとく。


分離帯のある橋のところ(冬の練習会の千切れポイント)でA山さんが「自爆です」といって
切れかかっていたが何とか持ちこたえてゴールまで。


帰路はboss列車に乗車させてもらう。
平坦だが恐ろしい強度で死ぬかとおもった。
bossたちにとっては「ペース」らしいが、こっちは無酸素運動
山王峠登り口で脚が棒になっていてあっさり切れました。