チーム練

今日はチーム練雛鶴コース。
自分を追い込むために後発で。周りは速い人ばかりで恐縮です。


出発してすぐにポジションの違和感を感じる。
ペダリングしづらいし、末端の筋肉に力が入ってしまう。
死点に向かって踏み込んでいる感じ。こりゃだめだ。
昨晩、サドルを前乗りにしたのが良くなかったのだろう。


往路の大垂水はペースが遅かったので霊園まで持ちこたえられた。
が、ポジションのせいもあり、この時点で前側の筋肉をかなり消耗してしまっている。
今日は厳しい練習になりそうだ。


雛鶴はペースが速かった?のか久しぶりに三叉路で切れてしまった。
そこからはパインのM村さんと一緒に走る。
格上と走っているので、とにかく切れないように粘る。


やはり一緒に走る人がいるとだらけずに走れて練習になります。
一人だったらこの強度では走れない。


そんな感じで走っていると、崖の手前の登りでキャプテンが落ちてきた。
こんなところで見かけるのはまず無い事なのだが、シューズをかえたので調子が良くない模様。


M村さんがダンシングでペースを上げる。私もダンシングで追走、するとキャプテンから落ち着けとの指導が入る。
シッティング一定ペースで行けば着いていけるとのことで、実践したらその通りになった。
一人だったらダンシングで終了しているところだったよ。


帰路の相模湖の交差点で信号待ちしていたら、後ろからキャプテンがやってきた。
ここからキャプテンの指導タイムが始まる。
(ありがたいと同時に苦しい展開が予想される・・・)


フォームをみてもらって、腰が入っていると言われたのでこれはうれしいコメントだった。
そもそもキャプテンとbossに「腰が入ってねーぞ」って言われて以来、改善に取り組んでいるので。
チームの忘年会の時だったかな。


筋肉の使い方とかダンシングの仕方とか色々教わりながら大垂水を登る。
あと、ハンドルを握る位置とか。
次回からも実践しよう。
そんなんで、大垂水の2/3くらいまでつきあってもらったかな、ありがとうございます。
また色々教えてください。


休憩後はVAN氏の強烈な牽きに切れそうになる事数回、危なかった。